2018年01月01日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
DSC_1778_1.jpg

今日は穏やかな夜明けで、関東各地で初日の出を迎えたことと思います。
新年最初のご報告は、お正月にふさわしいおめでたい出来事です。
昨年の暮れ近く11月28日に常國寺の本山(三重県津市)にある、
御影堂(みえいどう)と如来堂(にょらいどう)が国宝に指定されました。
DSC_0567_2(サイズダウン) (640x427).jpg  御影堂(みえいどう)高田本山
DSC_0557 _1(640x427).jpg  如来堂(にょらいどう)高田本山

私も初めて知ったのですが、建造物としての国宝指定は三重県で初めてだそうです。
また、御影堂は畳が275畳が敷かれており、三重県で、木造建築では最大の建造物だそうです。
御影堂は350年前、如来堂も270年前の建築で50年または100年に一回大修理が行われて、現在の威容を保つことが出来ました。造築当初の方がの想い、大修理に関わった方々の想い、それらの人々がこの建物に託した志が受け継がれ今回の国宝につながったことと思います。当常國寺もお檀家のみなさまと共に国宝指定を慶び、高田の国宝、重要文化財の保存・維持に努めたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
posted by 常國寺 at 19:42| 住職のつぶやき